フレキュレルの販売店はココ!

そばかすの薬用クリーム「フレキュレル」の販売店はコチラ!フレキュレルが薬局やドラッグストアなど、どこで買えるか市販の販売店を調査!

そばかすの原因と対策

そばかすは、なぜできてしまうのでしょうか。気付けば鼻や頬など顔周りにたくさんできており、コンプレックスを持っている方も多いと思います。そこで、そばかすの原因と対策について解説します。

そばかすの種類

そばかすは、正式には雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれており、細かい斑点ができることを言います。大きさは1~4mm程で鼻や頬などを中心にでき、特に色白の人に多いと言われています。顔以外に肩や背中にできる方もおられます。

種類は、遺伝による先天性のものと紫外線などによる後天性のものに分けられます。

先天性のそばかす
子供や10代の思春期にできやすいと言われており、思春期を過ぎると自然に消える場合もあります。遺伝によるもので、家族など家系にそばかすの多い人がいる場合にできやすくなります。

後天性のそばかす
大人になってからできるものに多く、年齢を重ねるごとに目立ちやすくなります。紫外線などの影響でメラニン色素が沈着することによって起こります。

シミ、そばかすの原因

シミやそばかすの原因は、主に4つに分類されます。

紫外線
紫外線が皮膚に当たると、メラノサイトという細胞が刺激され、メラニンを生成します。通常は肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって排出されますが、ダメージが大きいと色素沈着しやすくなります。

また、レジャーやアウトドアなどで紫外線を浴び続けていると、20代後半~40代にかけて、老人性色素斑(日光黒子)というシミを起こしやすくなります。

炎症
ニキビや湿疹、日焼けなどによって炎症を起こすと、皮膚の治癒機能によって細胞が活性化されます。この時、メラノサイトも一緒に刺激されてしまうので、炎症性色素沈着の原因になります。

活性酸素
活性酸素は老化の原因になる物質です。睡眠不足やストレス、飲酒、喫煙など生活習慣の乱れで発生しやすくなります。その他には、紫外線や排気ガスなどの環境も影響します。

ホルモンバランスの乱れ
女性は、生理や妊娠の影響で女性ホルモンの影響を受けやすくなります。30代後半になると肝斑(かんぱん)ができることがあります。肝斑は両頬にでき、薄っすらと左右対称に広がっているのが特徴です。

対策方法

それでは、シミやそばかすの対策方法について見ていきましょう。

紫外線などの刺激をブロック
メラニン生成の一番の原因は紫外線です。日焼け止めや日傘など日頃から対策を行いましょう。また、洗顔やマッサージなど必要以上に摩擦を与えると刺激になるので、優しく行いましょう。

ビタミンCの摂取
ビタミンCにはメラニンの定着防止や排出促進、活性酸素の除去など肌には欠かせない栄養素です。普段の食事にも取り入れるように心がけましょう。

美白化粧品を使う
メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぐ美白成分の入った化粧品が効果的です。美白成分には、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどがおすすめです。

レーザー治療
皮膚科や美容外科などのクリニックでレーザー治療が受けられます。ただし、保険適応外のため費用が高いのがデメリットです。相場は1回2万円程度になりますが、一度では取り切れず、回数を重ねてトータルで高額になるケースも存在します。

まとめ

シミ、そばかすの原因と対処法について解説しました。レーザー治療が不安な場合は、自宅でケアできる美白化粧品から始めてみましょう。

おすすめは、そばかす用の薬用クリーム「フレキュレル」です。トラネキサム酸をはじめとする美白成分を配合しており、メラニン生成抑制と排出促進のWケアが可能です。薬局やドラッグストアなど市販の販売店はないので、詳しくは下記をご覧ください。

⇒フレキュレルの公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

広告を非表示にする