フレキュレルの販売店はココ!

そばかすの薬用クリーム「フレキュレル」の販売店はコチラ!フレキュレルが薬局やドラッグストアなど、どこで買えるか市販の販売店を調査!

フレキュレルは妊娠中のそばかすもOK?

そばかす用の薬用クリーム「フレキュレル」は妊娠中のそばかすにも使えるのでしょうか。妊娠中は体調が不安定になり、肌の調子も乱れやすいです。妊娠中のモルモンバランスの変化からフレキュレルが使えるか解説していきます。

ホルモンバランスについて

妊娠中にシミやそばかすができやすくなるのは、女性ホルモンのバランスの変化が原因と言われています。女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類あり、妊娠すると分泌が増えます。

エストロゲン
コラーゲンを増やして肌のハリを与えるなど美肌に関係するホルモンです。通常時は生理後に増えて、卵胞の発育や子宮内膜を厚くする作用があります。

プロゲステロン
メラニンを生成するメラノサイトを活性化させる作用により、分泌が増えるとシミやそばかすができやすい状態になります。また、皮脂分泌も過剰になりニキビの原因になります。通常時は排卵後に増えて、基礎体温の上昇や体内の水分保持などに影響します。

妊娠中にできたシミを「妊娠性肝斑」とも言います。通常、産後にホルモンバランスが戻ると自然に消えるケースが多いですが、紫外線などにより消えずに残ってしまう方もおられるようです。

シミやそばかすを産後に残さないためには、妊娠中と産後のケアが重要になってきます。

フレキュレルでそばかす対策!

フレキュレルには、メラニン生成を抑えて、シミ、そばかすを防ぐ美白成分が含まれています。つまり、妊娠中のそばかす対策にも使えます。

フレキュレルの美白成分

トラネキサム酸
メラニンの生成を抑止

バイオベネフィティ
メラニンの生成を促進する物質を阻止

アルピニアアカマツダイ種子エキス
メラニン生成のプロセスにブレーキをかける

タイムエキス
メラニンの細胞内移動を阻害

シュガースクワラン
メラニンを排出

 

その他には、保湿成分のセラミドや美肌に嬉しい32種類の植物由来成分も含まれています。そのため、日頃のスキンケアとしても活躍します。また、香料、着色料、紫外線吸収剤、パラベン、鉱物油などの刺激のある添加物は無添加になっているので、肌が敏感になりやすい時期でも安心して使用できます。

まとめ

フレキュレルはメラニンの生成を抑える美白成分により、妊娠中のそばかすもケアできることが分かりました。産後にシミやそばかすを残さないためにもしっかりと対策していきましょう。現在、フレキュレルの販売店は薬局やドラッグストアにないので、市販で探す前に下記をご覧くださいね。

⇒フレキュレルの公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

広告を非表示にする