フレキュレルの販売店はココ!

そばかすの薬用クリーム「フレキュレル」の販売店はコチラ!フレキュレルが薬局やドラッグストアなど、どこで買えるか市販の販売店を調査!

フレキュレルの成分に副作用の危険は?全成分を大公開!

そばかす用の薬用クリーム「フレキュレル」の成分に副作用の危険はあるのでしょうか。全成分から分析してみました。

フレキュレルの全成分

有効成分
トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリル

その他の成分
ローズ水、精製水、BG、シュガースクワラン、オクタン酸セチル、エチルヘキサン酸セチル、濃グリセリン、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ジリノール酸ジ(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ステアリン酸POEソルビタン、グリセリルグルコシド液、ジメチコン、ステアリン酸ポリグリセリル、アルピニアカツマダイ種子エキス、ステアリン酸、パルミチン酸セチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・ベヘニル・オクチルドデシル)、水添大豆リン脂質、SEステアリン酸グリセリル、ペンタステアリン酸デカグリセリル、親油型ステアリン酸グリセリル、カルボキシビニルポリマー、ステアロイル乳酸Na、天然ビタミンE、スクレロチウムガム、イソステアリン酸フィトステリル、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、水酸化K、油溶性甘草エキス(2)、ビサボロール、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、タイムエキス-1、プルーン酵素分解物、ウメ果実エキス、キウイエキス、ユキノシタエキス、アーティチョークエキス、1,2-ペンタンジオール、グリセリンエチルヘキシルエーテル、グリセリルエチルヘキシルエーテルグリセリン脂肪酸エステル、フェノキシエタノール

 

有効成分に着目!

この中で注目すべきポイントは、有効成分です。これは、厚生労働省から効果が認められている成分のことを言います。フレキュレルには以下の2つが含まれています。

トラネキサム酸
アミノ酸の一種で、プラスミンという血液を溶かしたり、炎症やアレルギーを起こす酵素を抑制する働きがあります。もともとは、止血や湿疹、じんましんの治療など医療現場でも使われています。

また、メラニン生成の指令を出す物質を阻害する働きによって、シミやそばかすを防ぎます。そのため、肝斑の治療などにも使用されます。

グリチルレチン酸ステアリル

漢方などに使われる甘草(カンゾウ)の根エキスからできています。抗炎症作用に優れ、肌荒れたかぶれ防止など皮膚の消炎に使われています。

油溶性なのでクリームなどに配合されています。水溶性の「グリチルリチン酸2K」に比べて約2倍の消炎作用があると言われています。

また、化学的な構造が似ているため、ステロイドと間違われやすいですが、グリチルレチン酸ステアリルには、免疫抑制作用はないのでステロイドとは異なります。

副作用の危険性は?

刺激のある添加物が含まれていないか確認してみると、香料、着色料、紫外線吸収剤、パラベン、鉱物油は無添加になっていました。そのため、薬局など市販の販売店で買える化粧品より肌に優しいのが特徴です。

つまり、フレキュレルの副作用の危険性は低いと言えます。乾燥肌や敏感肌の方でも使えるように低刺激になっています。

万が一肌に合わない場合は、公式サイトから購入しておくと180日間返金保証が使えるので安心ですね。

まとめ

フレキュレルの成分と副作用について確認してみると、安全性が高いことが分かりました。そばかすが気になる方は、返金保証付きの公式サイトからお試ししてみてはいかがでしょうか。

⇒フレキュレルの公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

広告を非表示にする